相続にはなにかと期限があるので弁護士の相談を

相続は、たとえ遺言にその名が連ねられていなくとも、遺留分を主張することが出来ます。
しかし遺留分があることを知らなかったり、相続が開始したことすら知らされていなければ、その遺留分を侵害されてしまうかもしれません。



もしそれを受け取ることを希望するのであれば、遺留分を侵害した者に対して相続分の返還を請求することが可能です。

これは遺留分減殺請求です。たとえば家族の中で孤立してしまっている人が、正当な権利者であるにもかかわらず、相続が開始されたことをあえて知らせずに、勝手に分配したということがあります。

遺言に名がない、もしくは「一銭たりとも渡さない」と、具体的に書かれているケースもあるでしょう。

livedoorニュースに関するお悩み解決にはこちらです。

後からそれを知って何とかならないものだろうかという時には、意思表示をするだけで効力が発生します。

実務の上では、内容証明郵便などで相手に通知を行うことになります。
もし遺留分の返還に応じてくれない場合には、家庭裁判所の審判を仰いだり、民事訴訟に発展します。
弁護士に相談を上行うのが、一番早道で、なおかつ揉めない方法です。

しかしこれもいつまででも請求できるわけではありません。

相続の開始を知った時から1年以内です。

相続の弁護士選びをお手伝いします。

開始した時からではなくあくまでも「知った時から」というのがありがたいものですが、1年はあっという間です。

のんびり構えているとすぐに期限が来てしまいますので、知ったらすぐに弁護士の相談するのが望ましいと考えられます。